女性特有の悩みである尿漏れは病院で治療したほうがいい

性病にかかったと思ったら

梅毒は一昔前の病気というイメージがありますが、近年では増加傾向にあり梅毒単独での感染も症状が辛いものですが、HIVと重複感染しやすいということも怖い特徴ですので、コンドームなどの予防はもちろんのこと、定期的な検査が皆さんの身体を守る手段となります。

尿の悩みは女性泌尿器科へ

病院

実は多くの人が悩んでいた

尿漏れで悩んでいる女性は実は多く、成人女性を対象にアンケートをとった調査では、回答者の三割が尿漏れの経験があるという結果でした。女性の尿道の長さは、男性の1/6しかなく、その短さから、膀胱に力が入ると尿が出やすい構造になっています。また膀胱の位置している構造が、筋肉によって支えられているのですが、出産や妊娠、咳や便秘や肥満などで、筋肉によって支えきらずに下がってくることで、尿漏れなどが起きやすいのです。尿漏れは大した病気ではないと我慢しがちですが、そうしていると生活の質を落としかねません。また尿漏れを気にして無意識に水分を控える人がいますが、水分はきちんととるようにしましょう。体質によって利尿作用のある、コーヒーやお茶など、水分の種類を変えるとよいケースもあります。いずれにせよ、一人で我慢せずに、病院に行って相談すれば、改善できたり治療できる症状なのです。

女性泌尿器科が人気

今、こうした女性の尿漏れなどの悩みに特化した女性泌尿器科が注目されています。こうした科ができたのも、女性の尿に関する悩みの多さを反映しているといえます。また、女性泌尿器科の中でも、女性の担当医のいる病院もあり、女性にとって相談しやすく人気です。尿漏れは、原因がさまざまです。くしゃみや運動など腹圧がかかった状態でおきる「腹圧性尿失禁」、我慢できないような強い尿意が起きる「過活動膀胱」、細菌による感染がなく膀胱の何らかの粘膜異常によっておこる「間質性膀胱炎」等他にもいくつかあります。その原因を病院で探り、治療することで、尿漏れの悩みから解放されることは簡単です。病院では、生活習慣や食生活の改善のアドバイスや、服薬、運動療法、電気刺激治療や低周波治療器などの理学療法、手術などの治療法が考えられます。

注目の医療器科です

近年重要な医療器科として注目されている泌尿器科です。あまりなじみが薄いようです。しかしながら埼玉県でも250強の専門医がいます。女医がいるクリニックもありますので女性にも安心です。泌尿器科で取り扱う臓器は多く、最近は最新の医療機器も設置されていますので、異常を感じたら受診される事をお勧めします。

かつては恐ろしい病でした

梅毒は、病原菌に感染することにより発症する性病で、感染後3週間、3か月、3年と病状が進んでいきます。かつては不治の病として恐れられていましたが、ペニシリンが発見されたことにより重篤な症状に進むことはなくなりました。